ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

海峡裏町文化塾:ゲスト和仁浩明さん in 『瀬戸内』

2011年07月28日 (木) 14:34
第二回 海峡裏町文化塾

本日の講義「食の作法」 講師 和仁浩明氏(立っている方)
奥の女性は『瀬戸内』のおかみ大越さん
裏文化和仁

















さすが元大学院教授和仁講義…パソコンを持ち込み講義‼ お箸の種類について



















出席者/前回ゲストの古川薫さんも(右列二人目)
      向学心に燃える熟年男女中心に30人
裏文化塾

















和仁浩明氏プロフィル

函館市出身 80歳
雪印乳業を20年前に退職
下関東亜大学大学院教授/食物工学
5年位前に退任
「下関くじら食文化を守る会」会長
他、食のプロとして活躍
下関に住み着いて20年、この地が気に入り現在墓地を捜しているとのこと。






Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0