ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

発売即日25万部『火花』お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹氏著

2015年04月22日 (水) 14:21
 火 花(ひばな)
2015年3月15日第一刷発行
2015年3月25日第三刷発行
著者 又吉直樹
3刷発行






















歴史ある文芸誌「文学界」を史上初の増刷に導き単行本も
新人としては異例の発売即日25万部に達し、話題沸騰‼
火花人間
















又吉さんが
太宰治の『人間失格』を100回位読んでますとのコメントに刺激されて
遅まきながら「ふく爺」も『人間失格』を購入、何とか完読‼
完読はしたけれど、この本は何度か読まないとオモシロさが理解できない
のかも? <人生観(考え方)がとても深いイー?何度も読み直すと、考え
        方が変わり豊な終末人生となるのか?>

『火花』⇒むずかしい小説であるが読んでいくうちに、面白く読み終わる。









 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0