ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

下関ステ-ションホテル内「サウナ」営業廃止

2008年10月30日 (木) 18:21
下関駅前、下関ステ-ションホテル営業の「サウナ」が来月、11月3日で
廃業。
ホテル部は11月末で閉鎖、建物自体を取り壊すのか、改装後、業態を
変えた営業か従業員からも伝わって来ない。

「ふく爺」はあまり自慢にはならないがサウナ党です。29才の時、岡山で
初めて巡り会ってハマッテてしまい、当時は未だ下関にはサウナが存在しない
時期からの40年の歴史をもっています。

下関にない時代は小倉に頻繁に通っていました。
小倉も現在の駅前付近の大型サウナ店もなく、小倉駅手前砂津に近い
ところに一軒だけ小規模な店(店名、鶴見?)2階、3階がサウナ、4階から
上はホテル(ファションホテルタイプ)でした。

下関最初のサウナは生野町の美容院の2階、六畳位のサウナ室、4~5人
で満杯。
美容院の奥さんの旦那が郵便局を定年退職後、何処かでサウナのあじを
覚え、下関にサウナがないので道楽感覚(儲かるかも!)で立ち上げたよう
です。料金500円でした。

その後「サウナ」ブ-ムとなり、下関で最盛期は銭湯を除き大小、合わせて
10数店はありましたがステ-ションホテルの廃業で専業は1店のみになります。

この40年間、出張先で宿泊の場合は必ずサウナを利用…次回に続く

サウナ歴、50年は引き算をまちがえました、正確には28才後半位から
ですから40年に訂正(11月31日12:00)しました


Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0