ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

河豚が食べられる『バ- :薫風』/ユニ-クな飲み屋登場‼

2011年06月29日 (水) 11:47
 『薫風』 下関市細江町1-3-10 花井ビル1階 
店主 岡田薫治さん/下関商業高校卒
みなと山口合同新聞社〓みなと新聞社(水産専門の全国紙)の
記者を経て唐戸魚市株式会社「社長室長」広報担当兼下関ふく
連盟事務局長⇒本年6月自営

 ≪噂で岡田さんが店を出したと聞き、飲みに出る機会があり立ち
   寄る・・驚いたことに2日後に達筆の礼状を受け取る≫
薫風















岡田さんとは記者時代の約20年前から下関ふく連盟事務局長時代
7年を含め何にかとお世話になった関係で、唐戸魚市を退職されて
どうされているのかなと思っていたところでした。

 ≪オ-ナ-の岡田薫治さん/おひとりで「フク゛のアラカルト」手造り…
 何処で料理の腕を磨いたのか?推測⇒「ブチ‼食べ道楽の人」であった
 『芸は身を助ける」のパタ-ン/ 岡田さん、失礼‼≫
薫治

















 7人で満席の店内・・、貼り付けてある色紙は顧客との会話の中、
 「人生訓?的」言葉に共鳴した岡田さんが達筆で書き留めたもの。
 例えば・・「ふく爺」が会話の中で「人生、好奇心が最重要~アイデア、
 イノベ-ション等々すべて好奇心から発生する」・・岡田氏即メモ
  
        ≪盛り上がる‼ 三和印刷 平野社長(右)さん≫
薫店内
















処で
「ふく爺」の食べたメニュ- 1回目~ヒガンフグのカルパッチョ
 (6月に2度)        2回目~トラフグ アラの揚げ物
にわかシェフとは思えないほどに洗練されたイメ-ジの料理、旨かった‼
 尚、安かった‼
何軒か飲んだ後にお邪魔しているので量を少なくお願いしました

           
     ≪雰囲気ある暖簾・・入り口//元スナックを居抜き開店≫
薫暖簾
















※残念ながら当店は廃業になりました。/2012年8月


Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0