ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

劇団海峡座創立60周年祝賀会inシーモールパレス

2013年04月03日 (水) 16:00
海峡座は1953年に武部忠夫さんを含む20数名で結成。
これまでに下関を拠点に東京、九州、韓国釜山など遠征講演
を含めて400ステージを上回る舞台実績を積み重ね、又山口
県内の学校巡回出前講演は70回を超え、巌流島決闘再現
など地域イベントも多数手がけてこられた。

  挨拶をされる武部忠夫氏(劇団海峡座主宰)
海峡座武部



















  新聞記者の取材をうける武部氏
海峡座武部




















  お祝の言葉を述べられる 古川 薫氏(直木賞作家)
階級薫



















   祝辞を述べられる 中尾友昭下関市長
海峡座市長



















 プロ級の腕前、詩の朗読をされる 野村忠司氏(元.海峡座劇団員・・
 現下関市文化協会代表)
 マイク調整の人・・田村 洋氏(作曲家・・山口県立大学教授)
海峡野村




 














  海峡座の歴史資料
海峡履歴

















海峡(2)
















下関の文化関係の方々約100名様が出席、素晴らしく盛り上がった
祝賀会でした。






 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0