ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

街角サロンおもしろ文化塾/文学の中のチーズ漫遊談・和仁皓明氏

2014年12月12日 (金) 10:40
吉例「おもしろ文化塾」の本年締めくくりは「チーズ博士」「牛乳
博士」「ワイン博士」或る時は「クジラ博士」としてご登場の和仁
皓明先生の『“新.切り口” 文学のなかのチーズ・漫遊談』

 洋の東西の文学に描かれたチーズの風景を漫遊‼

文学和仁
















文学(2)




















アーネストヘミングウエイ 「武器よさらば」
ヘミングウエイ30歳のとき発表した長編…
文中に(第一次世界大戦従軍中)「奥の穴の中にもぐりこんでいって、
白いチーズを四分の一ポンド持って来た」~以下略
 (大久保康雄訳、新潮文庫)
へ民具

















ブール・ド・シェイフ 『脂肪のかたまり』 
新聞紙にくるんであったグリュイエールチーズの真四角のみごとな
かけらには、脂っこい表面に「雑報」という文句がそのまま写って
いた…(水野亮訳・岩波文庫)

アルフォンス・ドーデー 『月曜物語
ああ! チーズ入りスープのうまそうな香り…
というフレーズのリフレインがこの小品の中に4回も繰り返される

ジョン・ランチェスター 『最後の晩餐の作り方』
「あなたはわたしを乳のように注ぎ出し、チーズのように固め…
チーズの熟成は人間が賢くなり成熟するのと似ていなくもない
(小梨 直訳、新潮文庫)

覆面作家 鯨統一郎 『今宵、バーで謎解きを』
「はい、チーズ」マスターがカメラのシャッターを押すときのような
声を出しながら小皿に盛ったチーズとクラッカーを出してくれた。
(光文社文庫)

和仁先生はレジメで、チーズの箇所のコピーと情景、その本に
出て来た色々なチーズを解説‼

本の中の登場した、チーズの試食付き‼
チーズ師職































 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0