ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

ふく料理解禁『伊藤博文公okカラ』120周年の記念イベント

2008年10月20日 (月) 15:44

下関春帆楼さんが記念イベントを開催。 
10月23日(木)受付 18:30 開宴19:00
お一人様 10,000円(ドリンク付き)

春帆ふく解禁
  <中央の顔半分の方は元大之国.現芝田山親方>画像は参加後に挿入

9月29日の「ふく爺記」トラフグ食「解禁」から120年で記しましたが、
時の総理伊藤博文公が春帆楼で食べた「再現ふく刺身」と現代のふく刺しを食べ比べの
イベント。
「下関ふく」の話題発信になり、春帆楼さんならではの企画です。
同業の者として顧客の雰囲気等も含め一度味わってみようと友人と2名で参加します。

Blog Category

活きとらふく料理 フルコース

お1­人様7­,1­3­0­円(税込)◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)◆唐揚げ◆大型サイズのトラフグですから、カマが太くて旨味があります・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)・ふくさしみ(楽舎盛り)・とらふく唐揚げ・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0