ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

2年ぶり、てっちり人気店『鮮.てっちり 浜藤』道頓堀店へ

2009年12月04日 (金) 18:02

先週出張の26日夜9時前、夕食は「ふく爺」一名でフクの食事でした。
『鮮・てっちり 浜藤』さんは、黒門町店と道頓堀店の2店。
「ふく爺」の知る限り40年近い繁盛店です。
当ブログ「ふく食べあるき漫歩」に記載しましたが、『浜藤』さんには40年間で
50回以上通っています。

7~8年前に大阪発のトラフグ料理の価格破壊が登場、
てっさ・980円・てっちり・1980円。(イチ.キュウ.パ-戦争)と言われ業界に
とり革命的出来事で、その後下関、東京他全国各地のふぐ処に波及。

その中にあって価格破壊の波をものともせず繁盛店を継続しているお店の一つです。

てっさ、唐揚げ、てっちり各一人前(大阪の素晴らしさ=フク゛、カニ、うどんすき等の
鍋物が一人前でも二人前以上の鍋と同じ方式で食せる)プラス.ビ-ル中ビン2本
(2本目は半分以上残す)日本酒徳利小1本
お会計15,000円を超す。<当然、自腹払い>

今回久しぶりの『浜藤
』さん参上であったが、以前に比べて分量が増えていて唐揚げ
はカマ2切れ、てっちりもフグ身を残す。
永年フグの商売に関わって来ているが、『浜藤』さんのふくはさすがに旨い。
自腹1万五千円は全く惜しくない、幸せな夕食であった。


Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0