ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

只今から男性4名で忘年会!in豊前田町『小料理・さち』へ

2009年12月07日 (月) 18:20

昨年は同じメンバ-で、近年売り出し中の下関名物アンコウの味・探求へ。
10Kサイズ以上のアンコウのみ使用、本格あんこう料理が自慢の店『鈴鹿』で
堪能して早一年<光陰矢のごとし>。

『さち』さんは歴史あるお店、「ふく爺」は未だ新しい客です。
4年前のある日の午後11時頃3次会の帰り道、お茶漬けでも食べたい気分で
どこか適当な店をと目を遣ると『さち』の暖簾が!、店は閉める寸前であったが
強引にお願いして茶漬け、他を食べたのが初めて。

やや強引にには理由ありで、以前から『さち』さんの評判の良さは耳にしていた
がなかなか縁がなくお茶漬けで店の探検、チヤンスだとの想いもあった。

初対面のオ-ナ-板さんは、いかにも職人々々した、オヤジさん、真面目さが
滲み出ている感じだったように記憶している。

お茶漬けだけでは申し訳ないと一品何かをお願いし、カウタ-内の数本の包丁
の中に数十年に渡り研ぎに研いで、柄の先刃渡りが15~16センチ?に見える
使い込んだ包丁が印象に残り、その時点で再度食べに訪れることを決める。
その後、大好きな行きつけの店のひとつとなりました。

さて
本日は、ご主人こだわりの「くじらベ-コン」で生ビ-ルから ゴ-とするか!♂♂









Blog Category

ふくギャラリー

ふくをテーマにした多彩なコレクション。ふくと海をテーマに、折にふれて収集してきた絵画などの美術コレクションを展示しています。また、珍しい種類のふくや貴重なふく料理の写真なども館内各所に展示しています。「ふく食文化」は下関の財産ともいえるもの。プロの技が冴える華麗な創作料理の姿を通して、その一端に触れていただければ幸いです。「ふく楽者」館内展示絵画『ふく群図』三輪亨良描下関市彦島在住:升本猛作:「メルヘンの詩」シリ-ズ日本画:小野具定描

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0