ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

KRY山口放送・ラジオ/名物アナウンサ-勝津正男さん定年退職

2011年03月31日 (木) 12:58

山口放送アナウンス部長、ラジオ局次長兼務の勝津正男氏
が定年退職とのことで、ラジオ番組「おはようKRY/
AM6:55~10:35」が本日31日が最後の出演です。

勝津さんには「ふく爺」何度かの接触があります。  
   
     ≪勝津正男さん・・画像悪過ぎスミマセン≫
勝津
















遠い昔になりますが、日本テレビ「ズ-ムイン朝」の担当
キャスタ-が徳光和夫さんの頃、系列局のKRY山口テレビ
では若かりし頃の勝津さんが「ズ-ムイン朝」の担当アナウ
ンサ-でした。
徳光さんと丁々発止のやり取りをされていたことを思い出
します。
〔余談/勝津さんの尊敬する人は徳光和夫さんとお聞き
したことが あります〕                                                                  

約30年前「ふく料理」宅配の初期時代に「下関ふく全国宅配」を
「ズ-ムイン朝」が生放送として取り上げ、KRY山口テレビが
取材局でした。
時の、担当アナウンサ-が勝津さんであった。

朝早い番組の生放送の為、勝津さんは前日に取材業務を
こなされ本番はテレビ局スタジオで全国(東京.日本テレビ)
へ向けて「下関ふく料理」の宅配についてPRと説明をして
いただいた。
〔注・・「ふく宅配」初期の記述は、ふく料理宅配の元祖的企業
であった(株)古川商店(破産)です〕

又、ラジオ「おはよう朝」の初期、10年位前?午前7時過
ぎから5分間、電話による生放送で勝津さんに「ふく楽舎」
に関するインタビュ-を受ける。
 放送が終了した後、勝津さんに「自分のしやべりが
 はさめない ほどでした、的」評価を頂く?

  ☆勝津正男様 第二の人生ガンパッテ下さい‼☆

 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0