ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

古川薫さんの話題・いち、2、さん。

2012年08月31日 (金) 15:56
 (1)
古川薫・作 『志士 品川弥二郎の風雪/吉田松陰の愛弟子が
        押した近代の扉』がこの程完結した。
本年一月元旦(日曜)から日曜日毎に(新聞紙1ページ)山口新聞
に連載された。
       
※2012年は、国連が定めた「国際協同組合年」です…ヨーロッパ
 協同組合運動の日本移植を最初に企画したのが品川弥二郎※

明治時代に山口県ゆかりの人、品川弥二郎は日本で産業組合法の
整理に大きな貢献をしたことが日本の協同組合(農協、漁協、生協)
の礎えとなっています。

  連載完結の新聞&古川さんの連載を終えての記事
 尚、この作品は10月下旬頃、文芸春秋社から単行本として刊行‼
弥治郎連載
















国際起用同年


















 (2)   
下関在住の直木賞作家
 古川 薫さん小説 韓国で出版‼8月26日記事/日韓関係波高し
 を乗り越えて‼ 歴史小説『炎の塔』が韓国語に翻訳して出版される          
薫韓国版

















古川さん語る「ありがたく光栄なこと、芸術文化に国境はない。政治は
政治で文化は民間交流。日韓友好の改善に役立てばうれしい。」


三番目‼
「利き河豚・味比べ」(トップページ参照)の催しに古川さんご夫妻が
ご参加頂けると連絡をいただきました。
≪先生にスピーチをお願いするつもりです≫






















Blog Category

活きとらふく料理 さしみ・ち...

お1­人様5­,5­0­0­円(税込)※写真は2­人前です◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)・ふくさしみ(楽舎盛り)・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0