ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

秋の村祭り/氏神・宇部八幡宮秋の大祭

2012年11月10日 (土) 17:26
 「ふく爺」の旧住所表示…下関市大字宇部上町255番地

   地元の氏神様『宇部八幡宮神社』のお祭りです
宇部八幡祭り1




















 「ふく爺」宅は参道沿い鳥居の左後ろ、防風林?手入れが出来ていない
 (5年前に10数万円払って剪定をした)為、時を経て見苦しく成長‼
 どぎゃんかせんと、と思いつつ大木に育っているので素人での剪定は危険‼
 先立つ銭の問題が立ちはだかっている。
 大木の左手、斜面は淀川つつじと貝塚いぶき、先日剪定‼
宇部八幡祭り2




















 孫(2.5歳) /孫の父親は明日曜日は7年に一度の「御神輿」担ぎ手
 を勤めます。
 
 本年度は、宇部上町が燈元?(祭りの仕切り役年) 7年毎に世話役が
廻って来ることになっており、「ふく爺」も「御神輿」を過去6度担ぎました。
宇部八幡宮孫




























Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0