ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

013年『しものせきふくの日まつり』天気に恵まれ大賑わい

2013年02月12日 (火) 10:05
前回のブログでご紹介しました「ふくの日まつり」多数の
お客様にご来場頂きました。

「ふく鍋」1000人様無料提供の行列 午前9時40分頃
ゆるキャラ行列
















ふくまつり行列



















午前9時会場にも関わらず早い人は午前8時位から並び始められました
行列ふくの日
















ふく鍋最後尾



















泳ぎトラフク掴み取り-お子様のみ≫捕獲後は徐毒処理(みがき)をして
お持ち帰り‼
ふく掴み取り
















掴み取り(2)



















吉本興業・住みます芸人「どさけん」さんステージで一席後、
かもんFM・パーソナリティー渡辺かなさんと対談。
どさけんかな



















 ふくの日 お楽しみ抽選会(会場内で抽選用紙に住所氏名記載)
 下関ふく連盟協同組合 松村 久理事長さんが当たり券発表役
ふくの日抽選











 







  特別賞「ふく料理・宅配」商品を引き当てた幸運の人
   おめでとうございます‼
特等景品



















 『天白ひらこし』販売コーナー/銘品.平越トラフクみがき
午前9時40分完売‼開店前の品出中(午前8時前)からお客様
が殺到、250尾が1時間40分で売り切れました。
    画像は最後の1尾です
ふくの日完売

















トラフクみがき 1尾(460g前後) 1.700円 特別奉仕価格

完売後多くのお客様が来られました。
誠に申し訳ありませんでした、来年は出品数量を増やします。




















 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0