ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

亀山八幡宮境内の名物「ふくの像」のそばに「うにの碑」建立!

2015年11月20日 (金) 14:13
下関の銘産「ふく」と「うに」関門海峡を見下ろす境内に
下関うにの老舗『うに甚本舗』さんが創立100周年を記
念して「うにの碑」を建立。

除幕式には直木賞作家 古川薫氏、中尾市長、上田
玲子社長、関係者さん他、社員さん等が参列祝賀‼
記事
















碑文は古川 薫さん//うにをアルコール漬けにした「瓶詰
うに」発祥の地とされる六連島(ムツレシマ)。歴史の想い
を、下関うに発展に‼
   ~うぶすなの神の潮路や六連雲丹
うに碑












雲丹(2)
















関門海峡を見下ろす…
世界一大きい「ふくの銅像」・・と大きな看板が‼
ふく像











亀山

















余談・・
亀山宮の「ふくの像」は銅像、『ふく楽舎』の「ふくの像」は
御影石です。おそらく世界一大きなふくの石像では?
ふく












右/黒色「お父さんふく」 左/茶色「お母さんふく」
前/「子供ふく~一姫.二太郎」



















 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0