ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

福岡.精華女子短大生、ふく料理体験学習

2008年10月16日 (木) 17:51
精華女子短期大学食物栄養専攻科、98名の皆さんが実習学科として「ふく楽舎」
ふく料理体験コ-スに挑戦されました。
一回の体験コ-ス人数キャパが最大80名の為、午前11時スタ-トと午後1時30分
開始の二部に分かれての体験になりました。
午後の部は体験料理が出来上がり、食事開始が午後3時前となりおなかペコペコの様子で
皆さん自分が作った料理を最後のふく雑炊まで完食。
(午前の部は刺身、ちり、ぞうすいを残した方あり…アア!もったいない)

膝下までの白衣と白の帽子持参。包丁捌きもさすがに巧く刺身の出来映えも初めてにしては
大変良く仕上がったようでした。
お帰りの時、学生さんお一人づつが「おいしかった」と丁寧に挨拶をしていただき本当
に嬉しく元気をもらった気分で、がんばる力をもらいました。
「下関ふく」愛してネ!!精華短大学生の皆さん ありがとう

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0