ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

「維新・海峡ウォ-ク」約2万人が参加

2009年04月14日 (火) 15:02
4月12日(日)・春爛漫の日曜日「維新の志士」に思いをはせる「第24回、維新・海峡
ウォ-ク」(3月25日、ブログ参照) に2万人が30キロ(門司港コ-ス=28キロ)を完歩。

当日「ふく爺」は午後3時過ぎに下関駅方面から国道9号線、関門海峡沿いを自宅(王司)
に向かう車で通過。
壇ノ浦から長府黒門まで約6キロの関門海峡側、人道は人、人、人がギッシリの隊列が途切
れなく続く景観を、チョット驚きの心境で見つつの帰路であった。
2万人の数字は半端のものではないと実感した。
参加者の老若男女の方々に敬意を表します。<小学校低学年の家族連れを多く見かけた>       

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0