ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

明日は「下関ふく供養祭」=懇親会冒頭にふく刺し2枚引き実演

2009年04月28日 (火) 14:45
下関の「ふく供養祭」は、秋の彼岸から春の彼岸までと言われている「ふく」
のシ-ズンの終わりを全国に告げるフク業界最大の行事です。

昭和5年に始まり、戦中戦後に一時中断したものの昭和26年に復活。
今年で第70回目を迎る供養祭会場南風泊市場には、来賓、関係者500人
以上(県外からの参列者が6割)が参列する一大行事であり、下関の春を彩
る風物詩となっています。

午前10時半から約1時間の供養祭。生産者、出荷者への感謝状贈呈、主催
者挨拶(ふく連盟会長.松村 久)来賓祝辞、読経(導師・5~6人)、慰霊の言葉
(下関市長)、電報披露(地元選出国会議員、県議、市議、全国の魚市関係、
財界人等)、最後にフクに感謝し、参会者全員の焼香で閉会。

その後、12時半から海峡メッセに場所を移し約300名位の懇親会(有料)が行
われます。
東京築地中央卸売市場、他大都市の下関フク取り扱いの市場(中卸)関係者、
関東地方の有名ふく料理店の経営者さん等多くの人が参加。

下関市長が「下関ふく」に関わる参会者に感謝と歓迎の挨拶で開会。

アトラクションとして
今回は冒頭に⇒とらふく刺身の実演 調理師、内田祐介(本年2月、皇族6宮家
にふく料理献上時の料理人)(株)平越 「ふく楽舎」⇒ふく料理体験学習メニュ-
講師献上の刺身と同じ「こだわりの職人技・2枚引き孔雀盛り」を実演披露する。

Blog Category

ふくギャラリー

ふくをテーマにした多彩なコレクション。ふくと海をテーマに、折にふれて収集してきた絵画などの美術コレクションを展示しています。また、珍しい種類のふくや貴重なふく料理の写真なども館内各所に展示しています。「ふく食文化」は下関の財産ともいえるもの。プロの技が冴える華麗な創作料理の姿を通して、その一端に触れていただければ幸いです。「ふく楽者」館内展示絵画『ふく群図』三輪亨良描下関市彦島在住:升本猛作:「メルヘンの詩」シリ-ズ日本画:小野具定描

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0