ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

食文化講演会in水産大学校・・「すしネタを考える」

2009年06月04日 (木) 17:22
時  :平成21年6月7日(日) 10:30~12:25
場所:水産大学校講義棟 43番教室  下関市吉見町

「すしネタを考える」
 築地おさかな普及センタ-資料館長  坂本一男

すしは食べるのが一番♂ と『すし手帳』(東京書籍刊)を書き記す。
日経新聞での連載インタビュ-でも寿司通を鮮やかに切り捌いた。

「醤油の旨味」
 独立行政法人水産大学校理事長    鷲尾圭司

西陣織関係の息子だか後を「継ぐ必要はない親父の趣味である魚釣りを気持ち
よくできる研究をしろ」 … …
今は水産大学校の理事長を勤める異色の食文化人。

 ※講演会は
 市民、大学生、高校生向けです
 参加料は無料
 講演会は学科オ-プンキャンパスと同時開催です

  一昨日は、超一流店『寿司割烹・浪速』で旨い寿司を食べたことでもあり、
  耳学問を味わいに行く予定。

Blog Category

活きとらふく料理 フルコース

お1­人様7­,1­3­0­円(税込)◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)◆唐揚げ◆大型サイズのトラフグですから、カマが太くて旨味があります・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)・ふくさしみ(楽舎盛り)・とらふく唐揚げ・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0