ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

おもしろ文化塾/ゲスト・ リュ-ト奏者 大竹正祥さん

2011年02月26日 (土) 15:17
バッハの愛した楽器リュ-ト、バッハの作曲したリュ-トはルイ十四世の
宝物♂〈秘曲・・ひとりだけの音楽、⇔不特定多数に聞かせる音楽の究極
の正反対。〉ルイ十四世がベルサイユ宮殿で眠りにつく際に、リ-ュトを奏
でさせていたという歴史があるそうです。

 ≪演奏をする大竹正祥さん/フランスに他の音楽の勉強?に赴き
   偶然にリュ-トと出会い虜となったそうです≫
大竹





















   ≪リュ-トの裏面・・メチャ美しい木目‼〓日本にリュ-ト奏者が
    200人位おられるそうです。≫
リュ-ト

















 




 ≪弦が20本~〈2本の弦を捩り1本にした弦・・音に不思議な余韻
  が残る〉大竹さんは福岡県行橋の仙人と呼ばれているそうで、哲学的
  講話に又々、この世の中には凄いイ‼人がおられることに感銘を覚える≫
大竹二




















3曲のリュ-ト演奏を聞かせて頂きましたが、確かに睡魔が襲ってくる感あり
の「小さなささやきのメロディ-」「天上の声〓静寂の文化」不思議な奏でで
ありました。

☆大竹正祥さんの曲についての説明
彼らの音楽はごく少数のパトロンのために書かれており、
手紙のように内密なパストのゆらぎ、フレ-ズから喚起される
オマ-ジュは2度と戻らぬ風のように記憶の残像を鎮静化させ、
無常の美学〔静寂の豊穣性〕へと音を帰してゆく。



Blog Category

活きとらふく料理 さしみ・ち...

お1­人様5­,5­0­0­円(税込)※写真は2­人前です◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)・ふくさしみ(楽舎盛り)・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0