ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

街角文化サロン・おもしろ文化塾/古川薫版「三国志」の読み方

2011年04月09日 (土) 15:24
三国志をどう読むか
1.『三国志』と『三国志演義』
三国志/中国の正史
三国志演義/中国民代の羅貫中による長編歴史小説

2.『三国志演義』は歌物語 全120回(章)に280首の漢詩
3.三国志二大合戦 赤壁と五丈原
 
  ≪講演をされている古川薫(直木賞作家)≫
古川













約40人の参加、古川薫さんの説明を聞くも「ふく爺」はチンプンカンプン?
参加の皆々さん文化レベルの高い方ばかり‼
昨年、三国志の舞台(中国成都〓揚子江上流)へ「古川薫と巡る三国志
の旅」として30名弱のツアーがあり、今回の文化塾に3~4名参加者が
おられた模様でした。

   ≪遅ればせながら購入‼ さて・気合いを入れて読むぞ≫ 
三国志













 ≪野村忠司さん(詩を朗読する会・会長) 三国志の序文を朗読≫
野村













 ≪文化塾開催当日4/7の日経朝刊/ 古川薫氏のコラム
   画像悪し・・・スミマセン≫
            
          『西国三人衆』
   九州在住の白石一郎、滝口康彦と山口在住の私らの事を、
   東京の編集者たちが「西国三人衆」と呼んだのは、かれこれ
   30年前のことである。
   直木賞候補になった回数3人あわせて20回を超す出遅れの
   小説家に対する揶瑜と哀れみと親しみを込めた「尊称であった。
             ・・・コラム初頭文を記載・・・
日経















Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0