ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

五輪マラソン代表/中本選手⇔本年度芥川賞田中慎弥氏下関出身‼

2012年03月18日 (日) 11:38
古ネタで、すんません♂
 
   ロンドンオリンピック男子日本代表 中本健太郎選手
下関市菊川中学校⇒西市高校⇒拓殖大学・現在は北九州市の安川電機
  ‼世界の壁は厚いが『大番狂わせ』でメダルを獲ってほしいものです‼  
中本マラソン
















「ふく爺」〓菊川中学校に1年2学期から2年生終了まで菊川町岡枝
       の親戚宅からか通学していた。
       在学中に校歌が制定された‼(昭和27年)事を想い出す。
    「♪華山の雲のひくかなた、菊川清く美しく…♪」

   
  下関市 山口県立下関中央工業高等学校
   2012年 芥川龍之介賞受賞作  『共食い』 
       田中慎弥氏(マイクを持つ人)                         
共食い















 
慎也近藤
















文化講座交流会『夜楽…懇親パ-ティ-』で田中さんのテ-ブルに出向き
「ふく爺」の名刺を渡し「ザ・下関のふく楽舎です」と挨拶‼
「ふく爺」のナマナマしさ?に田中さんは「キョトン」~会話は成立しなかった。
『共食い』は読んでいたので、読後感等しゃべったほうが良かったのか?

ちなみに
2005年 第37回新潮 新人賞 「冷たい水の羊」
2008年 第34回川端康文学賞 「 蛹 」
2008年 第21回三島由紀夫賞 「切れた鎖」
2012年 第146回芥川賞「共食い」・・その間4回落選




Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0