ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

スナック『ラ・セーヌ』忘年ゴルフコンペ/豊田湖ゴルフ場

2012年12月03日 (月) 17:32
本年最後となるであろうゴルフコンペに参加
豊前田町南栄ビル3F 『ラ・セーヌ』主催 5組19名

 「ふく爺」2位賞/ネット73
 ダブルペリア・アウト53 イン50 グロス103 ハンディ30 
     (表彰式は午後6時からラ・セーヌ)
ラセーヌ二位賞



















中央の女性がママの中山和枝さん・妙齢の頃(20数年前)は豊田湖
ゴルフ(旧、山口カントリーゴルフ倶楽部?)のハンディ7、シングルプレイ
ヤー、アマの大会に出場していた女傑です。
ラセーヌ(1)




















ラセーヌ(2)



















 同伴プレイをした山元さん、古希を迎え菓子処『幸ふく』経営されている
 超‼元気な社長さん。
ラセーヌ山元



















 同じく同伴プレイさせていただいた舛田さん/始めてお目にかかった方、
 真面目さがプレイに表されておられる紳士、今後もお付き合いをと申し
 上げたところです。
 もうひと方、S氏は新下関の住宅街の中でブティック経営されているとのこ
 と、ダンディーで素適な人間性をお持ちの人とお見受けする(失礼‼)。
 楽しいゴルフをさせて頂き感謝。(S氏は表彰式不参加)
ラセーヌ舛田
















ちなみに
 ベストグロスは90で中山ママでした









































































Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0