ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

下関ふくブランド懇親会・主催者下関市長中尾友昭

2014年03月29日 (土) 10:37
下関ふくブランドを確立する研究会//年、数回開催

下関市立大学付属地域共創センター<産・学・協同>
下関市農林水産振興部水産課・下関唐戸魚市(株)
が中心となり産・学・連携の研究会。

中尾友昭市長開宴の挨拶は~「下関ふく」についてレクチャー‼
中尾挨拶



















 中尾市長と原田光朗.下関唐戸魚市(株)社長様
市長原田





















鍋奉行をされる、松村久.下関ふく連盟理事長(ちり鍋用のとらふく
白子を、松村流「白子酒」を手造り中)
松村鍋奉行




















 中締めのご挨拶・下関市農林水産部長 村上治城様
村上部長
















下関市立大学.荻野喜弘理事長様を始め、教授、准教授様数名、
下関市副市長.本間俊男様他、市総合政策部部長様、水産課係
長様等18名様が出席。


研究会例・昨年3月に開催
「下関フグ再考」…三重県和牛A5:価格の推移、
価格と出荷量の推移、特産松阪牛のポジション、下関フグとの対比
の研究発表。
ふくシンポ













 





杉浦勝章氏(下関市立大学経済学部准教授)//「下関フグ再考」…
下関フグは松阪牛のブランド戦略から何を学べるのか。
松阪牛の定義~確立している。下関フグの定義の明確化。
下関フグ→格付けは可能か等、諸問題の研究発表                   
シンポ杉浦
















下関といえばフグ‼ 高い認知度を誇っている、等々申し分のない所まで
きている。
が‼ 
下関フグの弱み…生産地ではない・・大消費地から遠い等々
シンポジウムでは‼
最終的には消費者に「真においしいフク」をお届けすることに徹する。
その為に業界を挙げて格付けシステム構築等を実現しなければなら
ない。






 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0