ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

捕鯨船第5利丸モニュメント⇒「下関あるかぽーと」に

2015年09月02日 (水) 10:56
太平洋戦争敗戦後の食糧不足(全国民が飢餓状態)を救ったと言われて
いる鯨(他、東シナ海の漁業資源)、その鯨及び水産物漁獲の大手水産
会社・旧大洋漁業の捕鯨船(キャチャーボート)第25利丸のモニュメントが
「しものせきあるかぽーと」に設置されています。

案内版と捕鯨砲、スクリュー、碇、背景は関門海峡‼
利丸
















モニュメント
















捕鯨砲
















すくりゅー
















いかり





















実は
旧・大洋漁業の本社を昭和24年まで下関に構えていた為、南氷洋捕鯨
船団の母港は下関でした。
時代変遷により南氷洋の捕鯨船団は縮小され、資源保護の捕鯨時代と
なり下関の捕鯨の歴史は終焉、しかし今後も下関、又日本の食文化とし
て「くじら食」を守ろうと根強く活動する下関ナンデス。

任務を終えた第25利丸は永年かっての母港、下関大和町漁港に係留さ
れて一般見学も受け入れていました。
老朽化と保存経費の関係で解体の運命になった次第‼
捕鯨船25






















 

Blog Category

ふくギャラリー

ふくをテーマにした多彩なコレクション。ふくと海をテーマに、折にふれて収集してきた絵画などの美術コレクションを展示しています。また、珍しい種類のふくや貴重なふく料理の写真なども館内各所に展示しています。「ふく食文化」は下関の財産ともいえるもの。プロの技が冴える華麗な創作料理の姿を通して、その一端に触れていただければ幸いです。「ふく楽者」館内展示絵画『ふく群図』三輪亨良描下関市彦島在住:升本猛作:「メルヘンの詩」シリ-ズ日本画:小野具定描

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0