ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

捕鯨船第5利丸モニュメント⇒「下関あるかぽーと」に

2015年09月02日 (水) 10:56
太平洋戦争敗戦後の食糧不足(全国民が飢餓状態)を救ったと言われて
いる鯨(他、東シナ海の漁業資源)、その鯨及び水産物漁獲の大手水産
会社・旧大洋漁業の捕鯨船(キャチャーボート)第25利丸のモニュメントが
「しものせきあるかぽーと」に設置されています。

案内版と捕鯨砲、スクリュー、碇、背景は関門海峡‼
利丸
















モニュメント
















捕鯨砲
















すくりゅー
















いかり





















実は
旧・大洋漁業の本社を昭和24年まで下関に構えていた為、南氷洋捕鯨
船団の母港は下関でした。
時代変遷により南氷洋の捕鯨船団は縮小され、資源保護の捕鯨時代と
なり下関の捕鯨の歴史は終焉、しかし今後も下関、又日本の食文化とし
て「くじら食」を守ろうと根強く活動する下関ナンデス。

任務を終えた第25利丸は永年かっての母港、下関大和町漁港に係留さ
れて一般見学も受け入れていました。
老朽化と保存経費の関係で解体の運命になった次第‼
捕鯨船25






















 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0