ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

中尾下関市長指南で市役所部長さんが、手造りのふく料理で忘年会

2015年12月19日 (土) 14:45
  昨年に続いて// ザ・下関!物語
‼下関ならではの忘年宴会、自分造りの「ふく料理」で‼
​ 下関市役所部長クラス以上27名様の忘年会
 しかも「ふく料理体験学習」の講師は中尾友昭市長さん

 ステージ上の講師台で、ふく料理指南中の中尾友昭市長
  ・・・教材はおなじみ、トラフグ磨き お一人1尾・・・
市幹部体験












教材

























刺し身完成・・どちらが上手く仕上がった?
片身で、お一人1皿⇒一人前として分量多し
2皿





















素人さんとしてはまずまずの上出来‼ アラ身はちり鍋に‼
※教材のトラフグ磨きは、ふく料理屋で約3人前の分量で
すから残りの片身はご家庭に持ち帰りです
まるじょう






















 約40分で刺し身、ちり鍋、調理が完成‼
本間副市長様の乾杯のご発声で本番の宴会へ、ステージ
上、本間副市長の前テーブル右端が中尾市長さん
忘年福












忘年





















ちなみに 
 料金はお一人様8.100円(飲物込み)

   ~「ふくの街・下関」~
 市民一体となり「下関ふく」の語り部に‼
















 

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0