ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

広島名物『むすび・むさし』浮田社長さん松茸をお土産に

2016年11月08日 (火) 06:20
関門関旅会の参加者(20名)に松茸のお土産!
​広島カープセリーグ優勝のあやかりも!おかげさまで我が家
​では松茸ご飯!美味しかったあア…

(株)むさし社長さん/左端と社員の角さん/中央・森本さん/右
むさし社長
















松茸1





















関門関旅会/JR西日本下関地域鉄道部 河田哲也部長さん挨拶
&懇親会
関慮回懇親会
















懇親会1

















​広島名物『むすび・むさし』の思い出・・
​昔々、プロ野球大洋ホエールズがセリーグ優勝年の8月下旬頃
から広島球場に下関からホエールズの貸し切り応援バスを繰り
出し下関人は大洋ホエールスを熱狂的に応援!若かりし頃の
「ふく爺」も広島球場に2度ばかり馳せ参じたひとりナンデス。
​当時からむさしのおむすびは広島球場場内で売られていた。笹の葉
をデザインした包み紙のおむすびは、ブチ人気商品でした。
最初に食べたときは、美味しさ旨さに感動!その後広島に出張の折
には、むさしのむすびを八丁堀本店で広島土産として数パック購入、
その旨さを知人に自慢したものデス。




















 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0