ふくふくな日々blog page

キャリー30ヤードのゴルフ練習ができる「ふく爺」宅の庭

2017年09月27日 (水) 08:24
父親が50年前に亡くなったことを継起に百姓を止め、自家用の
野菜栽培、籾干場(昔、ムシロに籾を広げて乾燥)であった屋敷内
を自力で芝生に!
​熊本の鶴屋百貨店での催事(下関フグ賞味会等)出張の際、切芝生
を購入、3~5年がかりで植栽を拡張、現在に至る。
部屋





















サツキ、モチ等の植え込みの上を超えるアプローチ!30ヤード
練習ではソコソコ上手くいくが本番での「ナイスアプローチ」の
​確率は低い!
庭しょえぶ
















左
















3
















築山
















芝刈り機





















この経験を「ふく楽舎」創業以来、本年9月まで20年間「ふく爺」
が芝生管理に活かしてきました。
しば⓶
















28-2
















西
















​昨年9月末で顧問職を退任⇒先般開催の「利き河豚・味比べ」
他、『ふく楽舎』イベントは、ふく爺がゼロから立ち上げた
(4月/「天然とらふく波残りの会」2月/「ワインでふく」)
はこの1年間プロモートしてきました。

しかし、
​後進が育ったので完全退任です。
​当、「広畠/ふく爺記」も間もなく終了予定です。
その時節には新展開も含めてご挨拶申し上げます。

       ふく楽人 広畠敬喜















































 

Blog Category

ふく水槽

最大8­,0­0­0­匹のふくがダイナミックにお出迎え。縦3­.­0­m­、横1­.­5­m­、深さ1­.­0­mの水槽を3­4­基連ねた、日本最大級のふく水槽です。下関では昔から、福に通じるとして、ふぐを「ふく」と呼びますが、水槽には、そのふくのなかでも最高峰といわれる「とらふく」最大8­,0­0­0­匹が悠々と泳ぎ回り、みなさまをお迎えします。下関ふくの原点ともいえる「とらふく」。愛敬たっぷりのその姿を、ゆっくりご覧ください。

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0