ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

明日8月13日《関門海峡花火大会》両岸で100万人の観客

2009年08月12日 (水) 16:31
第25回関門海峡花火大会 =8月13日=19:50~20:40

関門を挟んで共に発展してきた北九州市と下関市の絆をを深め併せて両市民の
交流と海と港への関心を高めるとともに、関門港のアジアポ-トとしての発展に
寄与することを目指しこの大会を実施する。

◎下関会場 <ウリ>
  1尺5寸玉打ち上げ
  水中花火

◎門司会場 <ウリ>
  大玉120連発

合計 1万3千発以上打ち上げられます。

本年は、景気の低迷で花火大会を各地でとり止める動きがあったようですが、本大会
も企業の協賛金が目減り傾向で資金難を心配されていたようですが運営者(下関21
世紀協会他)のガンバリで名物の大花火大会が開催されます。

下関駅前のシ-モ-ルショッピングセンタ-の中央入口ロビ-に「関門海峡花火大会」
献金箱が設置。~個人の寄付金をいろいろな方法で集める~
「ふく爺」僅かですが500円也を寄付しました。

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0