ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

ふく料理『博多 い津み』へ。&地域コミュニティ仕掛人と面談

2010年01月18日 (月) 15:18

先週土曜日お昼12時に博多駅改札口で、30年近く知恵を拝借している京都在住
Y氏と落ち合う。
即、10日前から予約している『博多 い津み』へ直行。(ホ-ムペ-ジ.店名で検索
OK  料理屋生まれの料理人・宮武尚弘氏/ブログが凄いです)
宮武総料理長は「エヌ.ビ-企画」<料理アドバイス、飲食店プロデュ-ス>も
されていて、ご相談したい物語がありY氏と同行して会って頂く。

<日本の高級ふく料理店でベスト10以内に位置する銘店、天然トラフグは長年に
  渡り(株)平越が納めている。東京、赤坂にも出店>
い津み

お昼のサ-ビスメニュ-「刺身、唐揚げ、ちり鍋。ぞうすい、デザ-ト」は
テ-ブル席でいただくことが決まり。
刺身=2枚引き牡丹盛り・唐揚げ、ちり=トラフグかま・
ぞうすい=生米から炊く
さすがに一流店!雰囲気、気分最高!そして “ふくは旨い”
お勘定、ビ-ル2本、銚子1本絞めて、二人分17,000円。
天然とらふく料理を食べれば二人 並メニュ-で  5万5千円近くになります。
ちなみに特選コ-ス料理は お一人様36,000円

つづいて食事が終わり博多駅前都ホテルでY氏の仕事のお付き合い。
出逢った人物、13年前から面識ありの人ですが詳しい履歴は
今回初めて知る
     / この人 /~名刺の花・・本物押し花
森田

    地域コミュニティ活動歴20年以上

     <久留米地域活性の仕掛け人>

 ◇B級グルメの聖地〔まち〕
    久留米九州B-1グランプリ

 ◇久留米/まち博覧会 ‥平成21年度地域づくり総務大臣表彰、受賞
 
  他、手がけてきたプロジェクト
 
  生涯教育系教材商品開発‥例.押し花
  生涯学習プログラム開発‥例.押し花教室、全国展開
  地域資源、地域工芸品産業の廃棄物を使った産業再生 

森田さんは地域創りは「あくまでも人とのふれあい、仲間づくりである」
と言う。

「自分たちの生き方を自分で考えられる」人 間をこれからの地域は
創っていかなくては ならない。
いろいろ勉強をさせられた一日でありました。
 

Blog Category

高校生、孤軍奮闘!!

各地から、生徒さん達が孤軍奮闘慣れない手つきで大苦戦男子学生もチャレンジお家でもお手伝いしてるのなかなかの腕前お揃いのスタイル真剣な眼差し仕上げも韓国からは料理専門学校のプロの卵達が「ふく楽舎」で研鑽

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0