ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

創作ミ-ュジカル「SHOWIN~若き志士たち~」⇒観劇

2010年06月08日 (火) 15:13
吉田松陰没後180年記念として、萩市民を中心に一昨年春に一般公募。
一年半に渡り稽古を続けて、地元萩、東京で公演。
いずれも大好評とのことで今回知人に無理やり勧められ、下関公演を観劇。

下関公演:下関市生涯学習プラザ大ホ-ル 2010・6/6 14:00~
監修:松田輝夫 
脚本.演出.振付:REI.KO
音楽:津室ひとみ

     <公演終了後、キャスト全員がご挨拶>
ブログ


ブログ

     <松下村塾~若き志士たち>
 前列左から、久坂玄端.吉田松陰.高杉晋作役の方々
ブログ

時代劇?のミュ-ジカル ~ 公演時間、休憩なしの2時間!!
「ふく爺」はミュ-ジカルなるもの実演を観るは初めて、どうなる
ことやら(時間の無駄を心配)との想いは吹き飛んでしまった。
出演者全員の一生懸命さが伝わり感動の涙が何回となく出てしまった。

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0