ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

街角文化サロン・おもしろ文化塾/ゲスト 尺八演奏家後山邦秋氏

2011年05月25日 (水) 14:32
  恒例の 、『おもしろ文化塾』
   ゲスト
  ~妙音流現代尺八~ 後山 邦秋(ほうしゅう)
                下関市豊田町矢田270-11
尺八奏者
















尺八とピアノのコラボレ-ション、尺八のポピュラ-演奏のCDの
リリ-ス等、日本伝統の楽器「尺八」をこよなく愛し、尺八教室も
開かれておられます。
又、
上記住所の『スナック・舞』ではピアノ奏者の奥様のちえこさんと
尺八&ピアノ演奏・「デュオ 山頭火」として店内で演奏されている
そうです。

≪尺八の種類⇔(実は寸法1.8尺が「尺八)であり1.6尺から2尺
  (62cm)まであります≫
尺八種類

















 ≪尺八の音符…後山さんは縦(タテ)の魅力?に取りつかれたと
   語られていた≫・・音符(縦表記)尺八も(縦の楽器)
音符
















〈遠くへ行きたい〉〈竹田の子守唄〉〈江差追分のさわり〉等の
演奏をされた。

何時の日か、豊田町の『スナック・舞』に伺いビアノとのコラボを
拝聴に行きたい。









Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0