ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

教法寺事件/文久3年8月16日 海峡裏文化塾・講師 古川薫

2011年10月01日 (土) 15:54

『海峡裏文化塾』 in 小料理『瀬戸内』〓9月27日

   講師/古川 薫  演題 教法寺事件~先生は同名の小説を
                           出版されています古川薫




















 文久3年(1863年)8月16日夜/長州、正規軍(精鋭の武士軍団/
 先鋒隊)と高杉晋作が農民の次男三男を結集して半月前に結成
 した奇兵隊が衝突した教法寺・・【下関市赤間町3丁目16番】
教法寺

















 ※武士軍団が敗走、逃げ遅れた武士、蔵田幾之進が奇兵隊により惨殺
  される。
  物語は(実話です)その子息、千弥が仇討を果たそうとするが・・
  標的が高杉晋作であるために、藩は仇討を止めさせる「蔵田家への
  訓戒状」なるものを発し、金銭を与え一件落着として抑え込む。
しかし、そこは武士、子子孫孫まで怨念が引き継がれる。古川薫先生の
  著書に『高杉晋作』を描いた本が数点あり、平成になって、先生の自宅
  に80歳以上と思える老人(蔵田幾之進の曾曾孫?)が訪ねてこられ
  「高杉晋作」を英雄として描くことに「片手落ち」と猛烈な抗議を受けた
  とのこと。
 
要は、
 農民を先導した(奇兵隊)高杉晋作を罰したい所だが晋作は藩から下関
の治安を任せられた直後の事件であり、事件一年位前から、外国の軍艦が
下関を襲撃する場面が頻発しており、晋作が藩にとり重要人物となりつつ
あったという時代背景があった。

四国連合艦隊と下関戦争はその後のこと。(下関前田に上陸占領される)
 
 「めちゃめちゃ」に面白く(実話)、興味あるお話であった

 
  懇親会用 日本酒 古川先生からの差し入れ
   スッキリ‼辛口 コップ八分目位飲みました
維新の華







 










 

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0