ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

長府/国道沿いの老桜、花付き年々衰えか?

2012年04月11日 (水) 18:10
下関市長府、神戸製鋼所と関連工場沿い(国道2号線と9号線に跨る)
約3Kに渡る桜並木、40年以上美しさを楽しませてくれているが10年位
前から、以前の壮大な花の勢いが年々失われつつあることが気になります。

  ブリジストン下関工場沿い、楠の木と桜の混植並木を含めると
  3km位続く桜名所です
神戸製鋼桜



















 
  夜桜見物用照明装置も‼ 老樹の根基 直径1メ-トル以上?
神戸製鋼照明

















 

  吉野桜の樹齢は70年?と言われている。それにしても凄い根つこですね‼
 「ふく爺」が中学生の頃、この桜は根基が大人の腕位だったように記憶。
老桜根基


















 老木になると枝先が枯れ枝数が減り?一本一本の花付きの量は到底
 20年位前には及ばない。残念ながら73歳になった「ふく爺」を含めて自然
 の摂理と受けとめざるを得ない‼
              ネタなし…頭の体操気分でアップしました


Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0