ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

「海峡の裏町文化塾」講師・古城春樹さん~下関市立長府博物館長

2012年08月23日 (木) 14:09
『料理屋・瀬戸内』に30数名が歴史の勉強に集う。
6時30分~8時30分〓古城さんの講義
その後9時半まで会食~会費6000円(飲物込)

講演内容/毛利長府藩と萩毛利本藩、毛利清末藩の複雑な人間模様
       や利害関係等。― 長州は一つではない ―

 ※持参のデジカメが不具合で『瀬戸内』女将大越さんのブログ画像より
裏町塾古城



















この度、古城氏はペンネーム帖佐平氏四郎として「柿の実の落つ時」を出版
~長府藩士 野々村勘九郎(泉十郎)の生涯を描く〓野々村勘九郎の
 正義と死~
柿の実落ち時
















野野村勘九郎

















       

古城春樹氏は当会には初登場に付き、後見役として?古川 薫さん(直木
賞作家)が特別参加をされていた。
古川先生の古城氏紹介のコメント『自分の小説分野が侵される』的ジョーク
を話される。
     右/古城春樹氏 左/古川薫氏 ※画像は別の会時に撮影
薫古城



















 参加者に、著書『柿の実の落つ時』を販売/本にサイン中の古城氏
  集金係りを勤める「ふく爺」~中央の女性はこの塾の為、東京国分寺市
  から駆けつけた古城さんの「追ッカケ?(熱烈なファン」凄い‼
古城サイン

















ちなみに
彼女の勤務先オフィスが六本木ヒルズ、この地が長州の萩藩の江戸屋敷
があった場所(古川薫著書「斜陽に立つー乃木希典と児玉源太郎」)の冒
頭のプロローグで語られている。
彼女にとって、その著者・古川薫さんにも会えたことでメチャ喜んでおられた。

左から古城氏、古川薫氏、塾長・瀬戸内女将大越さん、東京の人
裏町薫&東京女
















※画像は ブログ「瀬戸内」女将日記より







Blog Category

ふくギャラリー

ふくをテーマにした多彩なコレクション。ふくと海をテーマに、折にふれて収集してきた絵画などの美術コレクションを展示しています。また、珍しい種類のふくや貴重なふく料理の写真なども館内各所に展示しています。「ふく食文化」は下関の財産ともいえるもの。プロの技が冴える華麗な創作料理の姿を通して、その一端に触れていただければ幸いです。「ふく楽者」館内展示絵画『ふく群図』三輪亨良描下関市彦島在住:升本猛作:「メルヘンの詩」シリ-ズ日本画:小野具定描

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0