ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

COME ON!FM(/忘年会in『ふく楽舎』

2012年12月09日 (日) 14:17
来賓の方、番組出演者さん等を含めて50名様、「ふく料理」で
忘年交流会が開催されました。
カモンFMさんは創立12年、創立以来忘年会はふく楽舎をご用命
頂いております。


  下関市市立大学生さん、中央はカモンFM「ディレクター山中さん」

  ※下関市立大学の学生が放送する「今」がぎっしり詰まった番組
     come on!大学JAM  木曜 20:00~21:00出演メンバー 
カモン市大(2)




















  同じく、市大生(他・1テーブル4名)さん …市大生の大半の方が「とら
  ふく料理」を食べるのは初体験とのことで、美味しさに感激したと言われ
  ていた
カモン市大



















ちなみに‼
一昨年は来賓として元・総理大臣安部晋三さんが参加されておられました
※2010年12月19日/ブログ記載
安部広畠


























Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0