ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

下関東部中学昭和29年卒同期会in山陽小野田市『みちしお』

2012年12月10日 (月) 17:13
70歳台に入り毎年開催となる。
本年度幹事は輪番制で3年2組が(卒業時5クラス)当番幹事となり
当番幹事「ふく爺」は司会役を勤めた次第。
東中同期会



















  3年2組の出席者11名/皆さんそろって 元気‼ 元気‼
  後列左端.大濱君~住所の調査、案内状送付等、その他ほとんど
  の準備を背負ってくださり感謝‼
東中2組



















    2部…演芸の司会 2組高村君
東中高村




















 左/平岡君~勉学、スポーツ共に優等生、現在ゴルフの達人?プライ
 ベートコンペのハンディは5以下‼ 右/坂本君~地元.山口銀行OB
東中坂本



















     旧姓坂井さん~大地主のお嬢様 & 藤井君~大手企業役員OB.
   フランス駐在あり、フランス人の友人とメールのやり取りをしているとのこと。
   現在2ケ月に1~2度ゴルフで付き合い中。
東中藤井




















   両手に華の「ふく爺」でした。
東中




















今回一番遠くから参加された//千葉県からの 〇〇さん
千葉女
















実は当日、18時から「ふく楽舎」で『かもん・FM』さんの忘年会があり
16時半に出社‼ 仕事終了/21時30分‼忙しい1日でありました。





 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0