ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

第17回下関『ふくの日まつり』2月11日/会場下関南風泊市場

2013年02月08日 (金) 17:38
毎年2月9日は下関ふくの日祭りです。当日は祈願祭が市内の
恵比寿神社で執り行われ、市福祉施設へ「ふく刺し」をお届け慰
問など行われています。
ふく祈願祭



















 『しものせきふくの日まつり』
下関ふくのPRと消費者の皆様へ感謝を表す・・イベント‼
建国記念日の2月11日に南風泊市場で「ふくの日まつり/南風
泊水産団地産業祭」を開催
開始 午前9時  終了午後1時 

 フク以外の水産物他、飲食の屋台も数多く出店します
 目玉‼(1)「ふく鍋」先着1000名様無料 ・(2)お子様‼泳ぎトラフクつかみ取り
 (3)福引き大会〓豪華特別賞 ふく料理宅配セット等(出店業者1社当たり
            1万円相当額の商品を寄贈)
ふく祭りポスター


















毎年3万人以上の人出で大賑わいです。


「ふく楽舎」は例年通り、大評判・売れ切り御免の「トラフクみがき」を
出品します。本年は「トラフク白子」も大サービス価格で出品‼
  画像は昨年度・・・12時前に売り切れ‼

祭りみがき








 







毎年3万人以上の人出で大賑わいです。

当日はお早目にお出かけ下さい。



 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0