ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

赤江瀑(泉鏡花文学賞)さん一周忌で展覧会/下関市立美術館

2013年05月24日 (金) 18:38
来月6月4日から16日まで//下関市立美術館
  『赤江瀑 美の世界』展//入場料無料
  著書や遺品の紹介

赤江瀑さんをしのぶ実行委員会/左から 武部忠夫さん、野村忠夫さん
古川 薫さん、吉岡一生さん、                                       
爆展覧会



















 《下関夜の街と赤江瀑さん》
 瀑さん揮毫の額…スナック『はね峠』//余技の域を超えた淡麗な墨書
はね当家゛



















唐戸/東華街、カクテルバー『YIELD』に展示…2m四方位の巨大揮毫‼
漠ワイルド



















 豊前田.宮崎ビル ラウンジ『海』…店名を読み込んだ凄い書です‼
瀑ラウジ海
















漠海

















むさ苦しい「ふく爺」は、書の大きさが解りやすくの為です

カクテル『YIELD』さんは天井の高い豪華な雰囲気をもつお店で、額は
2m以上の高さに架かげられています。

瀑さんが最っともお気に入り(当時の店名『ルーブル』オーナー木村氏)のお店
だったようです。

追伸
6月8日//下関市立美術館『赤江 漠/美の世界展』見学‼
上記掲載墨書3点・・展覧会期間中、各店から貸出し展示。
墨書の展示の中で3点は主要展示物であることが解った?











 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0