ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

本年3度目の優勝‼「ウィング有志の会」ゴルフコンペ

2013年07月03日 (水) 16:08

毎月第1火曜日開催。メンバー30数人のゴルフ同好会、今回は
雨の予報の為参加者は16人。
場所/新美祢カントリークラブ

  成績表//広畠敬喜
  東コース50 西コース47 グロス97(ハンディ.28)ネット69…1位
ちなみに2位//有川さん
  東コース44 西コース41 グロス85(ハンディ11)ネット74…2位 
美祢優勝














真美祢


















昨年9月、プレジデントゴルフ倶楽部主催コンペ「お茶会」でも優勝‼
当会のハンディ28→ グロス94でプレイ→6アンダーでの優勝‼
「ふく爺」の持ちハンディは変?変?

実は、昨年の6月を溯ること3年間のゴルフスコアは調子が良い時で
グロス97前後.ほとんどがグロス102から106前後の実績だったんです。

しかしその間、2番アイアン2本を持ち素振りや、練習場(1ケ月3回位)
では、自分で編み出した練習方法? ピッチングクラブで身体の動きを
止めて左腕リードでボールの上にたたきつける感じを70球近く打ち続け
る練習を重ねてきました。
この練習方法の為か、ドライバーの飛距離が伸び、ラン込みで200~
230ヤード位飛んでいる、又アイアンもそれなりに好くなってきた。

残るはパター‼ 3パターが10ホール以上が度々の「ふく爺」♂
「どぎゃんかせんと‼」





 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0