ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

初夏の寒竹.生垣剪定/寒竹は年2回、筍が出るんです‼

2013年07月09日 (火) 11:07
1年に2回、重労働‼の剪定作業を継続、来年は後期高齢者
(75歳)入りの「ふく爺」頑張っております。

 寒竹剪定前…自宅の裏手//150m登ると宇部八幡宮                                                     
寒竹



















アバウトに刈込‼…刈込み屑(大量に出る)の掃除が大仕事‼
剪定後



















自宅表側/貝塚いぶき、さつき、淀川つつじ…40年前位に何年か掛けて
「ふく爺」が埴栽!さつき、淀川つづじは「差し木」から育てたもの‼
庭西外
















剪定入口
















中央植え込み




















自宅東側/ひいらぎ木犀…40年位前.高さ50cmの苗木を埴栽
ヒイラギ
















サツキ
















淀川東



























 

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0