ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

関門海峡沿い「あるかぽーと」に新名所誕生!9月中旬オープン

2013年08月19日 (月) 17:59

九州と本州を結ぶ『関門大橋』をバックに、世界に誇る海峡を真下に!
観覧車



















         告知ポスター
ポスター



















 入場口//工事中
からっと横町
















 超!景観が良いので下関への集客は大成功すると思われるが、
 土地利用に最大の智慧を絞られたのであろうが、何だかモッタイナイ感がある
 「ふく爺」です。
といいながら
 孫を連れて観覧車に乗りたいイ―‼

尚、
隣接地は、芝生エリア(0.4ヘクタール)/本年4月20日に一般開放‼
市民ゃ観光客がくつろがれる憩いの場。
ブチ‼贅沢な空間であり下関の重い重い財産出現だと思います。
芝生広場



















 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0