ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

月刊『食生活』/保存版「フク゛特集」取材

2013年09月05日 (木) 12:30
   明治40年創刊・・食の専門誌月刊『食生活』

 下関ふく目利きの大御所、平尾 瞳をクローズアップ‼

 「フグ」のみでマルマル一冊の特集誌を来年度発刊予定
左・平尾瞳<ふく仲卸(株)平越/専務 (株)天白ひらこし/取締役>
 「目利き力」について取材中/「ふく楽舎」に於いて
食生活平尾



















  
 知的好奇心を追求する食の専門誌 -- 月刊『食生活』
食くじら






















取材~とらふく刺身.菊盛り 実演//内田祐介(「ふく楽舎」料理長)
盛り付けへ















盛り付けに
















盛り付け-ロ



盛り付け





























食菊盛り























体験「義経コ-ス」 手前/ライタ-石田美恵さん 奥/編集部山本塁さん 
体験「義経コース」
















体験-ろ






















取材修了後//スタッフご一同様「ふく料理唐揚げ付コース」で食事‼
食食事

















8月22日アップの取材予告に記載していますが「下関ふく」のこだわり、伝統等々
の深い物語が伝わり「ふくの街・下関」アピールの一助になる特集記事に期待‼



































 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0