ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

街角・おもしろ文化塾/ゲスト下関市立考古博物館松永学芸員さん

2014年01月19日 (日) 15:41
下関ゆかりの考古資料 里帰り展 (東京国立博物館所蔵)      
期間//後期展 2月 2日(日曜)で終了

明治時代から大正時代にかけて出土した下関ゆかりの考古
資料が、ふるさと下関へはじめて里帰り。
梶栗浜遺跡出土品、上の山古墳出土品、綾羅木出土品等
考古資料展




















難しく取っつき難い感のある?考古学を面白く興味を湧かせる説明をして
下さる下関市立考古博物館.松永博明学芸員さん
松永学芸員


















文化財(考古資料)とは?一家のアルバムのようなもの(松永氏.談)







 

Blog Category

活きとらふく料理 フルコース...

お1­人様1­0­,8­0­0­円(税込)◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)◆唐揚げ◆大型サイズのトラフグですから、カマが太くて旨味があります◆白子◆生を使用いたしますので1­2­月中旬から3­月中旬までの限定メニューです・前菜(ふくの煮こごり、ふくそうめん)・ふくさしみ(楽舎盛り)・とらふく唐揚げ・ふく皮サラダ・とらふく白子・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0