ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

『左 甚五郎?』がふく爺宅のお隣さんです

2014年05月10日 (土) 17:10
元、大工の棟梁//86歳
大工の棟梁を65歳で引退、その後木彫り彫刻の道へ‼
永冨龍
















下絵
















龍
















龍賞
















白うさぎ
















うさぎ賞
















猿
















つる




















 永冨忠義さん//現在も毎日制作に没頭‼大変にお元気です
細かい手作業がボケ防止なる…「満足する作品が出来ない」と言われ
ながら毎日、毎日黙々と作業をされておられます
彫刻永冨
















カキツバタ
















鯉
















作品は福祉施設・道の駅『蛍外道.西ノ市』等に寄贈‼
























 

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0