ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

宇部八幡宮・手水場新設、天井に「木彫り龍」永冨忠義氏寄進

2015年06月26日 (金) 12:53
「ふく爺」の自宅から100メートル、村の氏神様『宇部八幡神社』に
この程手水場が新設された
八幡全景


















手水場






















正面上部に『木彫り龍』が飾られている//作者・永冨忠義氏
龍
















木彫り龍(2)
















奇進む永冨
















永冨忠義氏は大工の棟梁を67歳?で引退、その後20数年間
「左 甚五郎?」張りに、木彫彫刻に打ち込んで来られている方デス





永冨多々芳















龍(2)

















下絵

下絵

















永症状






















作品の数々// これまで数多く、福祉施設等に寄贈されています
しろさぎ
















つる
















さる


















八幡履歴

















































 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0