ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

弓道に「早気(はやけ)」という言葉がある…ゴルフに通知る?

2015年07月02日 (木) 11:18
弓道に「早気(はやけ)」という言葉がある。
弓を引いて十分な間合いをとらず矢を放ってしまうことをいう。
昔から退治したい癖だった。
仙台藩の指南役を父に持つ若者と母の話を…以下省略
◆若者.遠藤時習(トキムネ)。早気がひどく、死別した父の後を
継ぐ力がない。母は死をもって亡父に謝るほかないと決める・
わが子に、この母を射てお前も自害をと説く。時習も覚悟して弓を
引き絞る。さすがに早気も影を潜める。
まさに矢が弦を放れるかという瞬間、母の声があがった。「よし、その
呼吸を忘れるでない!」
◆気ばかり焦って集中できず的を外してしまうことのないよう、江戸の
昔は悲壮な努力があった。さて安倍政権の射的は…以下略
 《日経朝刊2015.6.30//コラム春秋より

◆反省‼ 
 自分のショットは「全くの早気(ハヤケ)」ナンデス。ダフリ、トップ等々
 なんでもアリの失敗ショット‼簡単には治せないことを理解‼

 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0