ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

異業種交流月例会:関門関旅会忘年会in料亭『喜多川』

2015年12月09日 (水) 10:42
ひとりでも多くの人が下関にお泊り(宿泊)頂ける為の
勉強会

旅行エージェント、運輸交通(JR、バス、タクシー)、
ホテル、飲食、水産、みやげ、酒類販売等、の業界
関係者が交流。

講話をされる関門関旅会.会長 護国寺西嶋好文上人 
関旅会西嶋













  

  講話のレジメ
関












関(2)

















忘年会は恒例の「ふく料理」…会費/通常月より2.000円
アップの7.000円(飲物込み)『喜多川』さん大サービス‼
ふくさし
















      料亭方式の「ふくちり」
部屋の片隅で仲居さんが一括して土鍋でふくちりを炊き、
個別に盛り付けて顧客にお出しします。

数人単位で鍋から直接箸で具材を取り召し上がる通常
の鍋料理と異なる方式が明治から続く下関料亭伝統方
式を喜多川さんは踏襲されている数少ないお店です。
「ふくぞうすい」も仲居さんが一膳ずつ配膳します
ちり












ちり鍋











































 

Blog Category

活きとらふく料理 フルコース

お1­人様7­,0­0­0­円(税込)◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)◆唐揚げ◆大型サイズのトラフグですから、カマが太くて旨味があります・前菜(ふくの煮こごり、ふくそうめん)・ふくさしみ(楽舎盛り)・とらふく唐揚げ・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0