ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

第四回天然とらふく『波残りの会』〓ご予約締め切りました

2016年03月26日 (土) 11:53

第4回 天然とらふく『波残りの会』■下関ふくを食す会
      ご予約締め切りのお知らせ 
毎々格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
 
さて、
先般、ご案内を申し上げておりました「第4回・天然とらふく
『波残り会
(なごりのえ)』・ご予約締め切り日を前にして定
員オーバー満席となりました。

大変申し訳ありませんがお申し込みを締め切らさせて頂きました。


ご参加を考慮中、又はご予約申し込みをご予定の顧客様には
誠に申し訳なく
伏してお詫び申し上げます。
事情ご賢察の上ご了承の程よろしく願い上げます。

今後とも倍旧のお引き立てご愛顧の程お願い申し上げます。

※募集定員72名でしたが、キャパぎりぎりの76名様でご予約
を締め切らせていただきました。

 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0