ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

天然とらふく波残りの会/天然トラフグ7.5K物物解体ショー

2016年04月17日 (日) 16:51
 『第4回・天然とらふく波残りの会…なごりのえ…』
おかげさまで、4月14日参会者79名様・・無事終了‼

      毎日新聞記事
きじ












7j gd@
















アトラクション//天然とらふく解体ショー(みがきの実演)
会場入り口に展示⇒ 何、Kgあるかクイズ?
天然7きろ












みがき











解体












内2

















発起人 古川 薫氏 挨拶(直木賞.作家)
古川

















 下関ふく連盟理事長(唐戸魚市(株)社長)
     原田光朗氏挨拶
はらだ














 
 
 
 天然とらふく.3日間〆…2枚引き刺し身
松田 英雄さんの写真


食事












食2

















本日の鍋は、天然しゃぶ(骨ナシちり鍋)・・超贅沢鍋です‼

しゃぶ













本日のメニュー
前菜/とらふく皮煮こごり・ふく皮サラダ
◇天然とらふく刺し身(1.5~2.5kgの高質素材使用)
 仕込み~4日前、3日間の〆め行程を経て…
  とらふく刺身が一番美味しいとされている伝統の
  2枚引き手法 の刺し身
◇天然とらふくしゃぶ鍋
◇天然唐揚げ
◇しゃぶ鍋出汁⇒ふくぞうすい

お飲み物
◇「ふく楽舎」オリジナル【 五 鰏 酒 】・・ゴフクザケ
 1.白子酒 2.身酒 3.うぐいす酒 4.骨酒
 5.ひれ酒
◇ビール、芋焼酎、麦焼酎


会費〓10,000円(飲物込)

 秋の彼岸から 春の彼岸まで
  天然とらふくの旬と言われております

ふく楽舎では、本年度のふくシーズンの無事有終を祝し
まして「天然とらふく名残の宴」を、恒例の『下関ふく
供養祭〓4月29日』を前に開催致しております。
ふくへの感謝と、来シーズンへ向けて余韻(余波)の情を
楽しんでいただく催しでございます。

 直木賞作家 古川薫さん/揮ごう
なごり

年中、「ふく」でにぎわう下関を!!
ながく愛され続けるもの、それが文化でしょうか。 下関には、
しっかりと「ふく文化」が 
あります。
ひとをつなげる大きな力をもっています。

いろいろな新しい出会いを生み出しています。

「ふく楽舎」イベントは下関をもっと大きく翔くようチャレンジ、
そして新しい出会いへの扉のひとつと考えています。


()(ふく)(ざけ)<商標登録>下関の新ブランドとして日本中
                     に発信‼

 
極上天然とらふく料理&トラフク白子酒など、
五趣のふく酒ざんまいをお楽しみいただきました。

 
 ※イベント、タイトル~《 波残りの会(なごりのえ) 
について

「なごり」は、もともと「余波」という漢字の「なごり」から
きており、打ち寄せた波の余韻に思いをはせるところから、
「下関ふく」旬の有終を飾る会をひらき、最後の余韻に
ひたって舌鼓を打ち、次の旬を待ちわびる思い、再びの
出会いに思いをつのらせ、別れを心から惜しむ会として、
「波残りの会」といたしました

 
 

Blog Category

活きとらふく料理 フルコース

お1­人様7­,0­0­0­円(税込)◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)◆唐揚げ◆大型サイズのトラフグですから、カマが太くて旨味があります・前菜(ふくの煮こごり、ふくそうめん)・ふくさしみ(楽舎盛り)・とらふく唐揚げ・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0