ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

毛利長府藩初代藩主秀元の銅像&田中洋一氏『秀元拾遺譚』出版

2016年04月25日 (月) 17:08
毛利長府藩初代藩主/毛利秀元の銅像建立

 毛利長府藩4万石跡地//毛利邸
   この程 除幕式典が‼            
銅像












銘版












寄附












門












毛利邸












銅像は、肖像画や木像などを参考に富山県高岡市の
工房に、台座を含め高さ約4メートル。
寄付金を募って(予算/1900万円)建立。
寄付は個人は1口3000円、法人は1口1万円
「ふく爺」も1口3000円也を寄附/芳名記載辞退。

寄付者の名前を銅像横の芳名碑に記載。

 秀元は毛利元就の孫で、武勇と知略に優れた名将として
知られる。初代長府藩主を務めたほか、秀元の三男が清末藩
の初代藩主となるなど、現在の下関市の礎を築いたとされる。
また、朝鮮出兵時関門海峡を船で渡航中に遭難しかけた豊臣
秀吉を救ったことから秀吉の寵愛(ちょうあい)を受けた。


 


著者・・田中洋一氏(下関市立長府博物館学芸委員)
本











本中












洋一記事















余談・・約3年前のブログ「ふく爺記」に登場
第139回 ~街角サロン・おもしろ文化塾~
 ゲスト 田中洋一さん(下関市立長府博物館学芸委員)

文化塾ちらし





















 

Blog Category

ふく水槽

最大8­,0­0­0­匹のふくがダイナミックにお出迎え。縦3­.­0­m­、横1­.­5­m­、深さ1­.­0­mの水槽を3­4­基連ねた、日本最大級のふく水槽です。下関では昔から、福に通じるとして、ふぐを「ふく」と呼びますが、水槽には、そのふくのなかでも最高峰といわれる「とらふく」最大8­,0­0­0­匹が悠々と泳ぎ回り、みなさまをお迎えします。下関ふくの原点ともいえる「とらふく」。愛敬たっぷりのその姿を、ゆっくりご覧ください。

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0