ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

毛利長府藩初代藩主秀元の銅像&田中洋一氏『秀元拾遺譚』出版

2016年04月25日 (月) 17:08
毛利長府藩初代藩主/毛利秀元の銅像建立

 毛利長府藩4万石跡地//毛利邸
   この程 除幕式典が‼            
銅像












銘版












寄附












門












毛利邸












銅像は、肖像画や木像などを参考に富山県高岡市の
工房に、台座を含め高さ約4メートル。
寄付金を募って(予算/1900万円)建立。
寄付は個人は1口3000円、法人は1口1万円
「ふく爺」も1口3000円也を寄附/芳名記載辞退。

寄付者の名前を銅像横の芳名碑に記載。

 秀元は毛利元就の孫で、武勇と知略に優れた名将として
知られる。初代長府藩主を務めたほか、秀元の三男が清末藩
の初代藩主となるなど、現在の下関市の礎を築いたとされる。
また、朝鮮出兵時関門海峡を船で渡航中に遭難しかけた豊臣
秀吉を救ったことから秀吉の寵愛(ちょうあい)を受けた。


 


著者・・田中洋一氏(下関市立長府博物館学芸委員)
本











本中












洋一記事















余談・・約3年前のブログ「ふく爺記」に登場
第139回 ~街角サロン・おもしろ文化塾~
 ゲスト 田中洋一さん(下関市立長府博物館学芸委員)

文化塾ちらし





















 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0